薬剤師の転職には専門サイトがおすすめです

薬剤師の仕事内容は、病院や薬局などで薬の調合や飲み合わせなどのチェックなどを主たる業務と認識しがちですが、多岐にわたるさまざまな職場で活躍することができる資格です。

製薬会社で新薬の開発に携わったり、入院中の患者に対し、薬の知識などをアドバイスする業務、また市区町村などの窓口で健康相談に乗るなどの地域に密着した仕事につくことも可能です。

女性の場合は、結婚や出産などによるライフスタイルの変化に伴い、転職や休職を選択せざるおえない状況も発生します。

子育て期間が終わり、長年のブランクから再就職を希望する場合なども含め、仕事探しはネットを活用した薬剤師専門の転職サイトがおすすめです。

薬剤師は、女性の比率が高い職種です。そのため、結婚や妊娠、出産を機に一度退職し、育児がひと段落してから復帰する人も少なくないのです。

とはいえ、毎年多数の新薬が発売される業界ですから、自分の知識やスキルに自信が持てなくて、転職活動に踏み出せない人もいます。

確かに患者さんの命や健康に関わる薬を扱う仕事ですから、ブランクを埋めるための勉強は、きちんと行わなければなりません。そこで今回は、ブランクのある薬剤師が転職に成功するために何を勉強したらよいのか、どんな勉強法があるのかについて、お話しします。

合わせて、復職のための転職活動で気をつけたいポイントも紹介するので、後悔のない職場選びの参考にしてください。

出典:ブランクがあっても薬剤師転職に成功するために | 転職カモちゃんの薬剤師転職

サイトによっては、電話相談以外に直接会社へ訪問し、対面での相談を受け付けているところもあります。

いまの仕事よりもキャリアアップしたい方や、もう少し自由な時間の確保を希望する働きかたなど、自身にあった働きかた重視で転職先を探すことができます。

薬剤師という仕事は売り手市場です。常に色々な薬局で人材を募集しています。

今はドラッグストアが多いので、そのような所の募集が特に増えています。転職をするからには今の仕事場よりも良い条件の職場を見つける必要があります。そのための方法としてインターネットを利用する方法があります。

インターネットには転職サイトがたくさんありますから、そのサイトを使って自分の条件に合う薬局やドラッグストアを探すのです。

場所からも探せますし、給料で探すこともできます。簡単に比較できるので、より自分に合った転職先を見つけることができます。

また大手のドラッグストアなどでも店先に募集広告がでていたりします。このような時はお店に直接申し込むのではなく、ドラッグストア本社のホームページを見ることが必要です。

そこには細かい待遇などが出ていますから、そのホームページにある申し込みフォーマットから応募するのです。

このようなフォーマットから応募すると直接人事へメールが届くので、対応が素早く、条件などについても質問することができます。

新天地にも必ず現実はついて回るはず

十代の頃から病院に通院している私にとって、調剤してくれる薬剤師は重要な存在でした。

私が利用する時間帯は比較的外来患者が少ない時間だったためか待ち時間は長くはなく、その点はとてもありがたかったです。

現在通院している病院の指定薬局では漢方薬の処方もしてもらえるのですが、薬剤によると待たされる時間が長くなったりもします。

専門知識を持たれる方でもミスが許される職場ではないので、ストレスも大きいかと思われます。

組織が大きくなれば人間関係もより複雑となる。どの職場でもそうだと思いますが、特に直接人命にかかわる責任を持たせれるプレッシャーは特に大きいことでしょう。

詳しくは知りませんが、離職者も少なくはないはずです。やり甲斐が大きい反面、現実面が大きく妨げとなる現場では新天地を求める思考回路にスイッチが入るのも当然だとも言えるでしょうか。

冷静に判断して結果を出せるのなら良いのですが、一時的な感情の高ぶりで人生の岐路を変える選択を安易にしてほしくはありません。

薬剤師の転職はそんなに甘くない?!

薬剤師は今は引く手あまたで、時給も平均よりはるかに高く、恵まれた様に見えます。
もちろん今は6年もかけて、高い学費を払って、国家試験も合格してやっと取得できる国家資格ですからその位のインセンティブが無ければ、誰も目指そうとは思いません。

一般の人から見ればとても恵まれた環境にあると思います。
ですが、薬剤師になった人の話を聞いていると、自分達がそんなに恵まれた環境にあるとは考えていない様です。

転職市場も多くがドラッグストアーでの調剤や販売がメインで、もっと誇りを持って働きたいという薬剤師さんのプライドを満足させる仕事になっていません。

所詮は時給の恵まれた店員さんになってしまいます。
薬の処方も結局は医師しか決定権がありません。

また外資系のMRとか薬を病院に売り込む仕事はありますが、結局は決定権のある医師や病院幹部のご機嫌伺いが仕事のメインであることは今も昔も変わりません。

またジェネリック薬品の浸透や薬価基準の見直しなどMRの仕事は年々厳しくなっています。

ですから、薬剤師は安易に転職を考えるのではなく、自分として何がやりたいのかを、今一度真剣に考えてから転職活動を行うべきです。

あるブラック企業の残業について

これは薬剤師の残業についての私の感想です。
私は前の会社で、毎日2時間以上の残業をしていました。

仕事時間は、そのまま給料に直結するので、自己申告で残業時間を記録する必要がありました。
私ははいったばかりだったこともあり、あまり残業時間を書きませんでした。
私のように、残業しているのに本当の残業時間を書けない、という人はけっこういると思います。

1日2時間の残業だと、月に20日働いたら2*20で40時間になります。
実際は、2時間以上のときもあれば、30分程度の日もあります。

でもこの残業時間は、調剤薬局で働いている薬剤師の方であれば、そんなの少ないほうだよ、といわれてしまうかもしれません。

私が勤務していたところは病院だったので、調剤薬局にくらべると残業は少ないほうかもしれません。
でも問題は、残業時間を正確に書かなかったことで、上司から文句を言われたことです。

そこで、私は次の自己報告書には、正直に残業時間を記入しました。
その結果、前の残業時間よりも20時間もオーバーしました。
これでまた、上司から文句をいわれてしまいました。

結局、私はその会社を辞めてしまいました。

薬剤師の転職について

私は調剤薬局チェーンの企業に勤務しており、仕事柄薬剤師の採用面接への立会・同席を多く経験しています。

近年、私が強く感じるのは、以前は「安定した生活・収入」を求め、転職に踏み切る薬剤師が少なからずいたのですが、最近はそれほど多くなく、代わりに「こういったことがやりたい」という自己実現の希望を求める傾向が強くなっているのではないかと感じています。

特に、多く相談を受けるのは、転職後は研修を受講できるかどうか、認定薬剤師を取得するのに会社が認めてくれるかどうか、などがあります。

日本でもファーマシーテクニシャンが検討されている中、薬剤師が薬剤師たるゆえんはその幅広い経験と体系的な知識にあると思います。

少なくとも現状のままの薬剤師では、今後キャリアアップは図ることは難しくなるのではないでしょうか。

そのような漠然とした不安が、薬剤師の転職の場面において、「もっとキャリアアップしたい」という形でで表面化しているのではないでしょうか。

資格という強み

薬剤師は現在、大学に6年間通い様々な講義、実験、実習を行って国家試験に合格してから初めて薬剤師となることができる。

すなわち、薬剤師は難関な職業であり、国家資格をもつ優秀な集団である。医師に比べて、女性が多いのも特徴である。この理由が転職のしやすさにあるのだとおもう。                                         
まず第一に、資格があるがゆえ結婚による引っ越しでも転職に困ることはない。薬剤師が何年も前から余るといわれていたが、未だに薬剤師を募集している。それも給与は高額で転職に対して何ら抵抗を持つ必要がない。                

二つ目に、多様な働き方が可能であるということだ。

病院でばりばり働くことも、薬局で定時に帰ることもできる。人生の転機で働き方を変えたい時に転職すれば、自分の思いどおりに働くことができる。

このような転職に対する強さは、他の職業にはないものだ。