資格という強み

薬剤師は現在、大学に6年間通い様々な講義、実験、実習を行って国家試験に合格してから初めて薬剤師となることができる。

すなわち、薬剤師は難関な職業であり、国家資格をもつ優秀な集団である。医師に比べて、女性が多いのも特徴である。この理由が転職のしやすさにあるのだとおもう。                                         
まず第一に、資格があるがゆえ結婚による引っ越しでも転職に困ることはない。薬剤師が何年も前から余るといわれていたが、未だに薬剤師を募集している。それも給与は高額で転職に対して何ら抵抗を持つ必要がない。                

二つ目に、多様な働き方が可能であるということだ。

病院でばりばり働くことも、薬局で定時に帰ることもできる。人生の転機で働き方を変えたい時に転職すれば、自分の思いどおりに働くことができる。

このような転職に対する強さは、他の職業にはないものだ。