薬剤師の転職はそんなに甘くない?!

薬剤師は今は引く手あまたで、時給も平均よりはるかに高く、恵まれた様に見えます。
もちろん今は6年もかけて、高い学費を払って、国家試験も合格してやっと取得できる国家資格ですからその位のインセンティブが無ければ、誰も目指そうとは思いません。

一般の人から見ればとても恵まれた環境にあると思います。
ですが、薬剤師になった人の話を聞いていると、自分達がそんなに恵まれた環境にあるとは考えていない様です。

転職市場も多くがドラッグストアーでの調剤や販売がメインで、もっと誇りを持って働きたいという薬剤師さんのプライドを満足させる仕事になっていません。

所詮は時給の恵まれた店員さんになってしまいます。
薬の処方も結局は医師しか決定権がありません。

また外資系のMRとか薬を病院に売り込む仕事はありますが、結局は決定権のある医師や病院幹部のご機嫌伺いが仕事のメインであることは今も昔も変わりません。

またジェネリック薬品の浸透や薬価基準の見直しなどMRの仕事は年々厳しくなっています。

ですから、薬剤師は安易に転職を考えるのではなく、自分として何がやりたいのかを、今一度真剣に考えてから転職活動を行うべきです。