薬剤師の転職について

私は調剤薬局チェーンの企業に勤務しており、仕事柄薬剤師の採用面接への立会・同席を多く経験しています。

近年、私が強く感じるのは、以前は「安定した生活・収入」を求め、転職に踏み切る薬剤師が少なからずいたのですが、最近はそれほど多くなく、代わりに「こういったことがやりたい」という自己実現の希望を求める傾向が強くなっているのではないかと感じています。

特に、多く相談を受けるのは、転職後は研修を受講できるかどうか、認定薬剤師を取得するのに会社が認めてくれるかどうか、などがあります。

日本でもファーマシーテクニシャンが検討されている中、薬剤師が薬剤師たるゆえんはその幅広い経験と体系的な知識にあると思います。

少なくとも現状のままの薬剤師では、今後キャリアアップは図ることは難しくなるのではないでしょうか。

そのような漠然とした不安が、薬剤師の転職の場面において、「もっとキャリアアップしたい」という形でで表面化しているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です